[お知らせ😊]

2020-12-15 17:50:00

     6月の植物観察会から始まった

     未開(後に先駆者の存在が明らかになる)の

     小くじら山トレッキングマップ作り

     本日で8回目の山行

     寒い寒いラスト小くじら

      20201215小くじら山  (5).JPG

    

     楽しいだけがクローズアップされるトレッキング

     リスクとして浮上したのが

 ã€€ã€€ã€€ã€€  無自覚な疲労と活性酸素による影響

           【対応策を試す】

        1 ゼリーの補給

      2 中間でストレッチ

 ã€€ã€€ã€€ã€€20201215小くじら山  (2).JPG

           【結 果】

 ã€€ã€€ã€€ã€€    1 ゼリー

        寒さの中でもエネルギーの補填を感じさせる

       2 中間ストレッチは登りの途中から開始。

       9:00出発15:00着の行動時間6時間でも下りの不快感が大幅に軽減

       登りから開始したのは、やる気ホルモンの分泌を考慮

      3 活性酸素については明日まで観察を続ける

       夕方になっても寒くて

       自力で発熱していない感じは不安材料 

 ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€20201215小くじら山  (4).JPG

     それにしても寒かった。  

     積雪で崖も怖かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    20201215小くじら山  (1).JPG

2020-12-09 21:29:00

前回と逆回りで登る

幸せホルモンの分泌を確かめるため

☀️を期待していたが

☁️☁️☁️

でも疲労のはずの頂上で元気

ホルモンは分泌されてる実感

さらに美しさも危険もあって

本物の自然を感jiる(申し訳ありません脱字しておりました)

ホルモンのせいか

五感もスッキリ

しかし帰途はしぼむ

次の課題が浮上ADF8A5D4-3715-4366-81D8-C995CBEF46F4.jpeg

 

 

612C83E1-FD92-4AB5-8F22-2633CCDBBE9A.jpeg   64472417-B09A-48E7-BE19-062689BC1054.jpeg

2020-12-05 21:04:00

 

 

 

 

最後の紅葉探し

千葉さんも参加して4名

20201205小くじら山ひろみさん (11).JPG

 

 

 

 

 

予定通り昼大部前に到着

来年はこの海に取りかかるのでパシャ

カヤックで湾を抜けたら太平洋でした。(海国より(笑))

20201205小くじら山から船越湾2.jpg

 

 

栗の木だと思われます

最後の紅葉?

次回は15日

新ルート開発に向かいます。

本日も爆睡予測

20201205小くじら山 (14).JPG

 

2020-12-04 20:41:00

予定通り実施します。

午前9時出発

出来立てのマップを使用して

助言なし

単独行のように実施します。

ドキドキが止まりませんように(祈)

1